会社案内 当社の強み プラント紹介 産業廃棄物について 産業廃棄物の回収 産業廃棄物の持込 再生砕石事業について 料金の案内 よくある質問

HOME > 電子マニフェスト加入情報

電子マニフェスト加入情報

電子マニフェスト加入情報

電子マニフェストへの取り組み

「電子マニフェスト」の導入により、「事務処理の効率化」を図ることができるとともに、「データの透明性」が確保され、「法令の順守」を徹底することができます。株式会社 総環では、「産業廃棄物収集運搬・産業廃棄物処理」ともに導入し、電子マニフェストの運用を推進します。

JW NET 加入者番号と公開確認番号

【収集運搬業者】
加入者番号 2001820  公開確認番号 541114

【処分業者】
加入者番号 3001708  公開確認番号 115236

収集運搬業 許可証処分業 許可証

e-reverse.com

e-reverse.com にも対応しています。

e-reverse.comとは、産業廃棄物処理の電子マニフェスト(JWNET)制度をより簡単に活用するためのASPサービスです。電子マニフェストASP「e-reverse.com 」は、高機能なのに、使いやすさが抜群。もちろん24時間365日対応。産業廃棄物を扱うすべてのお客様にご利用いただけます。株式会社 総環では「e-reverse.com」に加入し、より多くのお客様がご利用できるようになっております。

電子マニフェストシステムとは

電子マニフェスト制度は、マニフェスト情報を電子化し、排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が情報処理センターを介したネットワークでやり取りする仕組みです。
電子化のメリットである「情報の共有」と「情報伝達の効率化」により、関係者間における情報管理の合理化が推進可能となります。

電子マニフェスト制度

電子マニフェストのメリット

事務処理の効率化
パソコンや携帯電話により、マニフェスト情報を簡単に登録・報告できます。
「情報処理センター」として指定された公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが管理・保存するため、マニフェストの保存が不要になり、マニフェスト情報をダウンロードして自由に活用できます。マニフェスト交付等状況報告に関する行政報告は情報処理センターが行います。
法令遵守
マニフェストの記載漏れがありません。排出事業者がマニフェスト登録しないと、流れがスタートしません。排出事業者の処理終了確認期限が近づくと自動的に確認して、排出事業者に注意喚起します。
データの透明性
マニフェスト情報を第三者である情報処理センターが保存しているため、情報の変更・取消等の履歴をシステムで管理しています。

MENU
LINEでお問い合わせはこちら