会社案内 当社の強み プラント紹介 産業廃棄物について 産業廃棄物の回収 産業廃棄物の持込 再生砕石事業について 料金の案内 よくある質問

HOME > 大阪産業廃棄物リサイクル処分センターBLOG:焼却炉 (廃棄物熱回収施設)

大阪産業廃棄物リサイクル処分センターBLOG

大阪産業廃棄物リサイクル処分センターBLOGのカテゴリーを選んでください。

こんにちは。

株式会社総環(大阪産業廃棄物リサイクルセンター)では産業廃棄物を焼却処分し、バイオマス発電を行っています。

産業廃棄物を焼却することで効果的に廃棄物の減容化を実現し、産業廃棄物の最終処分量を10分の1程度に減らすことが可能です。
また、ゴミを焼却した際の熱エネルギーを利用してボイラータービンを回し、バイオマス発電を行っています。そうすることで二酸化炭素の低減にも寄与しています。

発生した廃棄物等についてはその有用性に着目して『環境資源』として従え直し、その循環的利用(再使用、再利用、熱回収)を積極的に取り組んでおり、弊社の焼却をは廃プラスチック・木くず・紙くず・繊維くずの混合廃棄物を焼却処分が可能です。

このサーマルリサイクル熱回収施設でもある弊社の焼却炉は大阪市平野区のプラントに御座います。

産業廃棄物の焼却処分なら『大阪産業廃棄物リサイクルセンター』にお任せ下さい。

こんにちは!

先日、4月末から開始しておりました、焼却炉の修繕工事が無事終了しました。

まだ試運転段階だそうですが、経過は概ね良好です!










廃棄物を安全に焼却し、エネルギーに変えるサーマルリサイクル施設である弊社の焼却炉。
大阪産業廃棄物リサイクルセンターの要となる焼却炉。
ゴミは資源であり、再利用して循環型社会に貢献しています。
廃棄物を埋めても何も得ることは出来ません。

(株)総環は今後も循環型社会の形成に取り組みます!


それでは、本日もご安全に!

こんにちは!

焼却炉の定期修繕工事がゴールデンウィークを利用して始まりました。






弊社、大阪産業廃棄物リサイクルセンターは暦通りの休みですので、本日5月2日は営業しております。
ゴミもガラも受入可能です。

焼却炉の予熱器の定期修繕工事ですが、500tクラスのクレーンを入れて改修していきます。

やはり500tクラスになると迫力満点!!
しっかり焼却炉をリニューアルさせて、更に効率良く産業廃棄物を焼却します。

そして予熱器を改修することで、焼却炉の発電効率を上げることが可能で、サーマルリサイクル率も格段にUPする予定です。

今後も株式会社総環は循環型社会の構築に励みます!

それでは、本日もご安全に!!




平成28年4月29日より大阪産業廃棄リサイクルセンターでは
焼却炉の予熱器の定期修繕を行います。

事前準備のため、各修繕業者様の準備のみは始まっておりますが、
4月末より少しの期間だけ焼却炉を止めて予熱器の修理を行います。




出来るだけお客様にご迷惑をお掛けしないように、GWなどを利用して修繕を進めます。
5月中旬には工事が完了する予定です。





もちろん焼却炉を修繕中だからと言って産業廃棄物・コンガラ・アスガラの受け入れをSTOPするわけではないので、ご安心くださいませ。
随時、産業廃棄物の受け入れは可能です。

弊社では、産業廃棄物を安定的に焼却処分するため、こういった点検や補修工事を定期的に行っています。

お客様に安心して産業廃棄物の焼却処分の委託をして頂けるよう。
今後も私たちは焼却炉の維持管理を徹底して行います。


それでは、本日もご安全に!!




こんにちは!

本日は弊社、大阪産業廃棄物リサイクルセンターの核となる、焼却炉のご案内をさせて頂きます。

処理能力は1日95tです。㎥数に直すと200㎥〜280㎥の産業廃棄物を弊社は1日で焼却可能です。



上記は弊社に持ち込まれた混合廃棄物を選別した後、破砕機にて破砕した可燃物となります。

焼却炉は24時間稼働なので、操作室は毎日3交代勤務制で常に炉内の状況を制御室にて監視しながら安全に産業廃棄物の焼却を行っています。





産業廃棄物の焼却は大阪産業廃棄物リサイクルセンター(株)総環にお任せください。


それでは本日もご安全に!!